尾瀬ヶ原

3連休は尾瀬に行ってきました!

3年前にはじめて訪れた尾瀬
そのときの記事はここ→尾瀬 一日目
関西で育ったわたしにとって尾瀬は感覚的にほんとに遠いところだったのに
気がついたらそれから毎年訪れてる尾瀬は
何度訪れてもこんな美しい場所があるなんて!!っていう気持ちにさせてくれる

今回はいつもの3人+しょこたん
さすがは3連休、都内から高坂SAまで結構な渋滞にはまってしまい
戸倉第一駐車場に到着したのはなんと13時過ぎでした

IMG_3733.JPG

IMG_3690.JPG

ジャンボタクシーは時刻表が一応あるものの
人数が揃っていればすぐ出発してくれます
運転手さんと尾瀬は最高!!って熱く語ってる間に

鳩待峠に到着
鳩待峠のバス停が今までより少し下ったところに変わってました
ちょっとだけ歩いて鳩待山荘がある尾瀬の入り口まで向かいます

IMG_3705.JPG

びっくりする人の多さ
こんなに人が多い尾瀬ってはじめて

IMG_3691.JPG

準備運動したらやや巻き気味に山ノ鼻まで1時間弱下ります!
いそげいそげ

IMG_3692.JPG


尾瀬ヶ原から鳩待峠に戻ってくる人も多くて
こんにちはー祭りでした・・・団体さんとかどこまで言うか迷うよね

山ノ鼻に着いたら着いたですごいテントの数に
しばし呆然と立ち尽くすわたしたち
鳩待峠での人の多さを見てまずいかも・・って思ったけど
こんなに!!!!3連休なめてた!!!!
ワンゲルさんが大所帯だったから余計なのかな

IMG_3693.JPG

とりあえず空いてるスペースに急いでグラウンドシート広げて
至仏山荘で受付してもらって(1人/800円)
テントをぱぱっと設営したら
ビール片手に研究見本園へ

IMG_3706.JPG

IMG_3694.JPG

下ってきただけだから疲れてなくたって
この景色の中で飲むビールは最高に幸せ

IMG_3653.JPG

みんなで写真撮りながらお喋りしながら途中座って休憩したりもして

IMG_3682.JPG

IMG_3685.JPG

一周して戻ってきました


その後、至仏山荘の前は滅茶混みだったので
山ノ鼻小屋の前で夜ごはんの準備

いい加減呆れられそうだけど
雁坂、笠取に続き

はい、またしても鴨鍋です
山ごはんとは別に家でも3人でたぶん2回は食べてる鴨鍋
どんだけ鴨・・・!!!でも好きなの!!しょこたんは初めてだしね!!


IMG_3696.JPG

しつこいようですが
〆はもちろんお蕎麦です

IMG_3697.JPG

しょこたんが作ってきてくれた
三つ葉入りの卵焼きときゅうりのナムルも美味しかったなぁ。
女子力、、、見習わねば、、
前日にせっせとお出汁作ってる場合ちゃうわ、、、


ビール飲んで日本酒飲んで白州飲んで
みんな酔っ払い
ここでわたしはギブアップして先にテントで寝かせてもらいました、、

この日の夜中◭◭◭◭
シュラフの中、1人苦しむわたし、、
熱を測ってみたら38.7度!!!

じつは前日の夜も準備終えて寝ようとしたら同じくらいの熱が出て
彼さんには「明日、行くのはやめておこう!」って言われてました、、
でも朝起きたら37.7度に下がっていて
このまま下がりそうだし、やだ、、、尾瀬、、、行きたい、、、ということで
わっくんとしょこたんには内緒にして
必殺、ロキソニン飲んで出発!

していたのでした

で、調子に乗ってお酒飲んだらまた熱が出るっていう、、、
ひゃーーーごめんなさーーーい
なので普段持って行かない体温計なんて持ってた
ひえピタも持ってくるんだった


結局朝方まで熱はほとんど下がらず
頭がぼーっとするまま朝ごはん
ここでもう隠しきれないと二人にもじつは熱があることを話しました、、

IMG_3689.JPG

朝ごはんは好評(わたし調べ)だった
ランチパックのホットサンド
小倉マーガリンが美味しかった♡
あと五目御飯とたまごスープも

IMG_3699.JPG

朝焼けが始まって青空が見えてきた
今日も晴れそうだね

IMG_3698.JPG

IMG_3688.JPG

テントをたたんで至仏山へ登るわっくんとしょこたん
一緒に行けないわたしのおやつをたくさん詰めて
地図をたくして見送りました

IMG_3700.JPG

わたしと彼さんは尾瀬ヶ原へのんびり散策しに行くことに
この時点でまだ37.5度くらいあります、、なぜ下がらない、、

熱があってもなんでもやっぱり尾瀬は美しいところだなぁ
山ノ鼻から歩いていくとほんの数分でぶわーっと空が高く広がって
そこをどこまでも伸びる湿原の中の木道がたまらない

IMG_3704.JPG

IMG_3701.JPG

夏の尾瀬ヶ原は日陰がなくてとっても暑いんだけど
池塘の向こう側から吹いてくる風は草の匂いがして冷たくて気持ち良い
なんて心が安らぐんだろう

池塘の空の中に浮かんでるひつじ草

IMG_3650.JPG

ピンクで案外かわいいモウセンゴケ

IMG_3702.JPG

彼さんは2度目の尾瀬
前に来たときは秋だったから緑もりもりの尾瀬ヶ原ははじめて
そのときの記事はここ→二度目の尾瀬 1日目

草紅葉と雨でしっとりした前回の尾瀬とは雰囲気の違う
生き生きしてる夏の尾瀬も気に入ってくれたみたい

振り返ると見えるのは至仏山

IMG_3651.JPG

あの左側の蛇紋岩が見えてるところが今日歩くはずだった登山道
登ってる2人のことが見えるんじゃないかなって何度も探しちゃう
あ!あれかも!?って緑色のザックが一瞬見えたような。
いやでもさすがに違ったのかなぁ。

東電小屋や前回二人で泊まった弥四郎小屋がある見晴まで行きたかったけど
早くもわたしの体力の限界が訪れそうだったので今回は牛首まで
少し休憩してゆっくり山ノ鼻に戻りました

戻ってからお昼寝して体力が回復したら
テント撤収してバッジ買って
至仏山へ行った二人と待ち合わせしてる鳩待峠へ帰ります

熱が下がらなくてフーフー言いながらも自分の足で戻ってこれた!
重たいものをほとんど自分の方のザックに入れてくれた彼さんのおかげです、、

夜に隣でめっちゃ苦しんでるわたしを介抱しながら
「こまったなーどうしようかなー救急車は来ないだろうしなー」
って一晩考えてたそう

わたし小さい頃からよく熱を出す子で
38度とかあっても平気で学校とか行っちゃうくらい熱に強い方なんだけど
病院もない、救急車も来ない、自分の足で重たい荷物を背負って歩かないと帰れないところへ行ったのは
さすがに無茶だったかな、、心配かけちゃったな、、と反省してます
絶対下がると思ったのになーーーごめんなさい

それでも最後に写真は撮る
ヨレヨレなわたし
熱で顔が赤いし前髪ぺったんこ・・・

IMG_3683.JPG

少しするとわっくんとしょこたんが登山口から戻ってきた!
わたしに負けず劣らず二人ともヨレヨレ、、笑
山頂で休憩してたら雨に降られたりして大変だったんだって

ここからはしょこたんがくれた写真

山ノ鼻から至仏山に向かう木道が終わって
ここから森を抜けるまでは
蒸し暑くて、眺望もなくて、道がドロドロで
「これはやってしまったんじゃないか・・・」
って思いながら
一方通行だから引き返せない!!って黙々と登って


1時間くらい登ると尾瀬ヶ原が見えて綺麗で励まされたって
たぶんこの湿原のどこかにわたしと彼さんが居るはず

IMG_3708.JPG

ここから階段と蛇紋岩地獄

IMG_3709.JPG

やっと山頂に到着して珈琲入れたら雨が降ってきて
急いでレインウェア着て下山

IMG_3711.JPG

新潟側は雲がすごい
見えてるのは越後駒ヶ岳かなぁ

IMG_3687.JPG


雨もやんだし暑いしでやっとレインウェア脱いだ途端
びっくりするくらいの雨がまた降ってきたんだって!!

その全部を話すドロドロのしょこたんとわっくんの目がめっちゃキラキラしてて
わたし一緒に行けなかったけど
なんかもうそれだけで満足してしまった

わたしは去年登ってるしね◭
彼さんだけ、、なんかごめん、、
そのときの記事はこちら→尾瀬 至仏山 2228m

大好きな花豆ソフト食べたら戸倉に戻って
道の駅で焼きそば食べてお野菜買って

渋滞に巻き込まれながらも夕方には都内へ帰宅しました
その後みんなで焼肉食べに行きました

そしてわたしはこの日の夜中に39.3度を経験してしまい、、
彼さんは横で今度こそ救急車を呼ぼうとしてはりました、、
でも朝には下がりました、、良かった、、


いろんな人に心配や迷惑をかけてしまったけど
やっぱりわたし尾瀬が大好き。

次はまた秋に訪れたいな。

やまちゃんははじめてのドッグホテルが楽しかったみたいで
心配してたけどルンルンで帰ってきました
お留守番、頑張ったね!ありがとう。

IMG_3715.JPG


【データ】
尾瀬ヶ原 1660m

【ルート】
1日目
鳩待峠(45分)⇒山ノ鼻

2日目
山の鼻(50分)⇒牛首(50分)⇒山の鼻(60分)⇒鳩待峠

【アクセス】
行き⇒沼田ICから下道で戸倉へ(60分)
戸倉から大型タクシーかバスで鳩待峠(30分)片道930円
帰り⇒上記の逆

【泊まったところ】
山ノ鼻テン場
料金:1人 800円
水場:あり
トイレ:男女別 水洗
直火、焚き火は禁止

いつもありがとうございます:)
にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ




この記事へのコメント

  • HAM1826

    熱がある中で尾瀬でのキャンプ、
    すごいパワフルだなぁ^^
    でも、それだけの魅力が尾瀬には
    あるよね。

    関西からだとホント「遥かな尾瀬♪」
    だけど、2年前、自分もハマって
    2週続けて行ったなぁ。
    鳩待峠を午後に下り始めると、
    まさに「コンチワ〜祭り」で…(笑)

    木道が続く先の燧ヶ岳、振り返り見る
    至仏山、あぁ、また行きたくなったよ。
    2016年07月23日 08:58
  • ふさじろう

    ミコさん こんばんは

    冒頭の、「何度訪れても毎回、こんな美しい場所があるなんて!!
    っていう気持ちにさせてくれる わたしにとって大切な大切な場所」
    は、ほんとに同感しました。

    私は今年は6月に行ってきました。
    水芭蕉が目当てでしたが、すでにワタスゲがメインになっていました。
    7月になると、原はずっと緑が濃くなりますね。
    モウセンゴケがありましたが、ニッコウキスゲは見られたでしょうか。
    木道をずっと歩いていると、足が平らに慣れてしまって、
    鳩待への登り返しも、けっこうこたえます。
    絶好調ではなかったようですね。おつかれさまでした。

    やまちゃんのローアングルからのアップは迫力があります。
    大人っぽくなってしっかりしてきましたね。
    2016年07月23日 22:36
  • ミコ

    >HAM1826さん

    尾瀬はほんとーーに魅力的な場所ですよねー!!
    それにしても関西から2週続けてはすごいです!!
    でも気持ちはわかります!笑

    鳩待峠から下りの午後はいつもこんにちは祭りなんですね、、
    わたしも高熱が出てさすがに全力で楽しめなかったので、
    もう行きたくなってます。
    秋も良いですよねぇ・・・ああ尾瀬に行きたいです・・・!
    2016年07月27日 13:26
  • ミコ

    >ふさじろうさん

    共感してもらえて嬉しいですー!
    自然はまったく同じ景色ではないからなのか、何回訪れても感動できて素敵ですよね!
    特に尾瀬に来ると心から思います。
    6月に行かれたんですね!
    わたしはまだ春や初夏の尾瀬を知らないので来年こそ・・・
    やっぱり水芭蕉を見てみたいです!
    ニッコウキスゲがまだ少し早かったようでちらほら遠くに咲いてるのを見かけるくだいでした、、ざんねん。

    やまと、最近は表情も仕草もほんと大人になってきて、
    最近はひとりで外を眺めている背中なんてちょっと哀愁漂ってます、、笑

    2016年07月27日 13:31

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク